新しいインテリアを買う

>

模様替えをする時に知ること

落ち着ける雰囲気を目指す

自宅に帰ってきて、リラックスできる空間を目指しているならカーテンの色を暖色系に変えてください。
おすすめは、オレンジ色や黄色です。
かわいらしい雰囲気が好きなら、薄いピンク色でも良いと思います。
室内が明るく見える面も、カーテンを暖色系にするメリットですね。
しかし1人暮らしをしている人なら良いですが、家族で過ごす空間だったらみんなの意見を聞かなければいけません。

勝手に、カーテンの色を変えることはしないでください。
みんなで話し合って、納得できた色のカーテンを購入しましょう。
赤色やオレンジは、食欲増進効果があります。
家族で楽しく食事をしたい時は、ダイニングから見える部分のカーテンをそのような色に変えましょう。

仕事を進められるように

自宅で仕事をする機会が多い場合は、寒色系を選択すると良いですね。
青や緑、紫は集中力を高める効果を持っています。
暖色系にすると眠くなって、仕事がはかどらないことが多いので気を付けてください。
市販されているカーテンには、サイズがあります。
自宅の窓にふさわしいサイズなのか、しっかり調べてから買ってください。

もしサイズが長かったら、お店のスタッフに伝えることでちょうど良い長さに切ってもらえるかもしれません。
その場合は追加料金が発生するので、事前に料金も聞いておきましょう。
しかし短いカーテンはどうすることもできないので、仕方がないので諦めてください。
別のカーテンでも、自宅の雰囲気を大きく変えられるはずです。


この記事をシェアする